記事一覧

2010.11.18越前漆職人

ファイル 468-1.jpg

今夜は、新しく加わった灯りからのスタートです。

こんばんは メガネのナカハラ 河端です。

1日、1日がほんっと早い・・・
突然ですいません・・・一人言です。言わせて下さい。

それでは気を取り直して
今日ご紹介するフレームは、ズバリ!
『職人×職人!』
ファイル 468-2.jpg

BJ Classic Collection P-503 C-1 石畳

ファイル 468-3.jpg

右テンプルにのみ見えるのは、石畳。
そう、『蒔絵』によって描かれた石畳なのです。

まさに鯖江の職人と蒔絵師 日本の技の共演!

※蒔絵とは
「漆器の根幹をなす代表的な技術で、精巧に作られた独特な蒔絵筆に、
 漆を含ませて描かれた文様に金・銀粉などを蒔きつけ、
 研ぎ磨きを繰り返して創り上げていく技術。」だそうです。

ファイル 468-4.jpg
画像は『越前漆職人 蒔絵師 「涼峰」 氏』

ファイル 468-5.jpg

1970年代 最も日本が輝いていた時代。
そんな古きよき時代を彷彿させるクラシカルデザイン。

BJ×越前漆職人シリーズは『石畳』の1本のみの在庫となってます。

是非、店頭にてご覧下さい!
間違いないです。